あれこれ まとめブログ

あれこれまとめブログは2chのまとめサイトになります。面白ネタや自治ネタを掲載しています。

    2018年09月


    【元記事をASCII.jpで読む】

    長く使えることもiPhoneブランド価値になってきた Apple Special Event 2018

     現地時間9月12日アップルが「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」の3機種を発表した。発表直後にはXSなのかXsなのか、アップルサイトを含め大文字文字の表記に混乱がみられたが、これが正しいようだ。

    ■Plusの置き換えを狙うXS Max、価格差はXR埋め

     アップルが「iPhone Xを次のレベル進化させる」と言うように、「iPhone XS」はXの順当なモデルチェンジといえる。新しいCPUの「A12 Bionic」は、特にニューラエンジンを強化してきた。クラウド上ではなく端末上でリアルタイム人工知能AI)分野の技術を使いたい場面では、プロセッサーの次第となる。この方向性は他社の最新CPUと同じだ。

     6.5インチの「iPhone XS Max」はXSの大画面モデルだ。連載記事摘したように、サイズ感は5.5インチの「Plusシリーズとほぼ同じ。Plusからの買い換えを促しつつ、6インチ台に突入した最新Android機とっ向勝負するモデルだ。気になるのは税別12万4800円からと価格もマックスになったことで、果たしてどれくらいのユーザーがついてこられるのかという点だ。

     答えになりそうなのが6.1インチの「iPhone XR」だ。有機ELではなく液晶、カメラも1眼とスペックは控えめだが、基本性はXSに近い。価格はiPhone 8とXの間を埋める税別8万4800円から。10万円iPhone XSに手を出せない人にも最新AIFace IDの体験を届ける「X」シリーズ入門機というべき存在だろう。

     新モデルの中身は予想を大きく上回るものではなかったといえる。だが筆者の眠気が飛んだのは、6月WWDCで発表した、iOS 12による旧モデルiPhoneの高速化に再び触れたことだ。

    ■新たなブランド価値「地球に優しいiPhone

     他メーカースマホ発表会で旧モデルが出てくるのは、せいぜい新モデルの凄さを引き立てるときくらいだ。アップルもこれまでのイベントでは旧モデルの値下げを駆け足で紹介する程度だった。

     だが今回は、iPhone XSやXRの売れ行きにブレーキをかけることを厭わず、iOS 12に対応した最も古いモデルとして「iPhone 5s」が現役であることをアピールリサジャクソン社長は「地球にとっては長く使い続けることがベスト」と言い切ってしまった。

     これはiPhone 5sやiPhone SEといった小モデルファンはもちろん、ドコモが「docomo with」に加えたiPhone 6s、サブブランドMVNOを含め、旧モデルiPhoneデビューをする人には朗報だろう。今後の日本で注される中古iPhone市場の拡大にも追いになりそうだ。

     そして新モデルiPhone XS自体もリサイクルな部品が増えているという。これまでアップルブランドは、細部にこだわったデザインや安心感、創業者のカリスマ性などが織りなしてきた。そこに「地球に優しい」を新たなブランド価値として加えてきたことに注したい。


    アップルがiPhone XS発表直後「5s」延命に触れたワケ


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【アップルがiPhone XS発表直後「5s」延命に触れたワケ】の続きを読む


    株式会社LeoSophiaは、土地活用・不動産売却に関するポータルサイト【トチカム】を一般開しました。

    サイトURLhttps://www.tochicome.jp/



    ■【トチカム】のコンセプトサイト名に込められた思い
    「今の土地・不動産をどうにかしたい!」
    このように人生の一大イベント、岐路で大切な選択を迫られている方々が、正しい方向に進めるようにサポートするべく【トチカム】は誕生しました。

    一般の方と専門との情報・知識格差が顕著に現れてしまう不動産業界。
    予備知識なしで飛び込んでしまうと、不動産会社や企業ペースに乗せられて「納得のいく選択ができなかった…」ということが往々にして起こります。
    【トチカム】を通じて1人でも多くの方が、専門に勝るとも劣らない知識を身に着けていただければ幸いです。

    またサイト名【トチカム】には「本当に自分に合った『トチ』活用方法と巡りあって(カム:com)ほしい」という思いがこめられています。
    そこから生して土地だけではなく、やマンション、アパートやビルを持っている方向けに「活用」不動産売却」にも視野を広げ、不動産ジャンルポータルサイトとして発足する運びとなりました。

    参考URLhttps://www.tochicome.jp/concept/


    コンテンツ作成者は全員資格所有者


    「どこのが書いているのかわからない」

    「本当に正しい情報なのか怪しい…」
    ユーザー様がこのような不信感を抱くのを避けるために、トチカムの運営スタッフライターは全て資格所有者で固めています。
    例えば土地活用カテゴリーコンテンツであれば、担当スタッフライターは「土地活用プランナー」の資格所有者。
    資格を取得する過程で培った知識をベースコンテンツ作成に励んでいます。


    オリジナルイラストを用いた"わかりやすい&親しみやすい"コンテンツ

    参考URLhttps://www.tochicome.jp/parking-failure-reason/

    難解な不動産ジャンルだからこそ、コンテンツのわかりやすさや読みやすさにかなり気を配っています。
    一例としてあげられるのが、ページ内に埋め込まれたオリジナルイラスト
    コンテンツの内容を視覚的に理解できるように、図解やイラストをふんだんに散りばめています。

    1. イラストを見て概観をザックリ理解する
    2. 詳細な部分はテキストを読んで理解する
    このステップを踏みながらページ読み進められるので、ユーザー様の理解はより深まります。


    ■【企画コンテンツあり】不動産業者やNPO法人に突撃取材

    またトチカムでは単なる情報提供にとどまらず、随時企画コンテンツ更新しています。
    一例として下記ページでは、日本の「問題」の現状や解決への糸口について、そのの専門インタビューさせていただいた内容をまとめています。
    記事タイトル問題の現状と解決に向けてオーナーができること【NPO法人地管理センター様にインタビュー
    記事URLhttps://www.tochicome.jp/interview2/

    今後もインタビューに限らず様々な企画を実施していく予定です。

    サイトURLhttps://www.tochicome.jp/

    ■会社概要
    名称:株式会社LeoSophia
    本社住所:東京都渋谷区広尾1丁13-1
    フジカイビル広尾7階
    設立:2014年9月
    代表者:代表取締役社長 内木場
    URLhttps://leosophia.co.jp/

    配信元企業株式会社LeoSophia

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【不動産ジャンルのWEBメディア【トチカム】を一般公開!】の続きを読む


     政党日本維新の会」の創始者、橋下徹・前大阪市長が執筆した「政権奪取論 強い野党の作り方」(朝日新書)が13日発売された。橋下氏は著書の中で、「維新とはベンチャー野党。政党としてさらに成長し、自民党り合える党になったかというと、失敗と言わざるを得ない」と記した。

    この記事をもっと詳しく読むにはこちら

    橋下徹・前大阪市長=2015年10月、山崎一輝撮影


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【激白】日本維新の会:創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」】の続きを読む


    ■自衛隊幹部の51%が高卒以下だった

    筆者の情報開請プレジデント社との共同取材により、自衛隊幹部は公務員の中でも異様な低学歴集団であることが判明した。しかも、それは米軍韓国軍にも劣るレベルだという。

    まず立つのは大卒の低さである。大卒以上の幹部(尉官以上)は45.9しか存在しない(2017年10月末時)。大卒率ほぼ100%のキャリア国家公務員米軍の現役幹部の83.8(15年時)とべると異常な低さだ。

    次に修士以上も酷い状況だ。米軍の現役幹部の41.5修士号以上を取得している。しかし、自衛隊幹部は僅か5.02%のみ。特に航空自衛隊幹部は3.64でしかない(18年4月時)。

    そして、注すべきは高卒の多さである。なんと自衛隊幹部の51高卒以下であり、一佐ですら380人が高卒であった(1710月末時)。中卒の一佐も3人いた。一佐とは、諸官庁では課長級であり、連隊長ともなれば数1000人の部下をまとめる職である。

    では、なぜそうなってしまうのか。それは自衛隊が第1に、諸外の軍隊の中でも知性を軽視しているからだ。米軍の場合は基本的に将校は学位を保有せねばならず、保有しない将校でも大尉になれば一定期間までに学位を取らねばならないとなっている。将軍では2つや3つの修士はザラである。自衛隊の場合は、そうした規定もなく、また積極的に内外の大学に幹部を留学させる仕組みも乏しい。防衛省を含む各庁のキャリア官僚は、基本的に海外大学院に留学させるが、自衛隊では非常に限定される。内の大学院へ行けばはみ出し者扱いされるという。

    第2は、自衛隊の専門知識や学問に対する軽視だ。特に陸上自衛隊では、職場の机の上に書籍(軍事戦争の専門書でも)を置いているだけで上からにらまれることが多々あり、検閲の場合は私物として隠さねばならない。業務に直接関係のないものを置くのは美しくないためだ。これでは、自ら外部の教育機関で学ぼうとする意欲を持つ人間はつまはじきにされてしまう。

    ■自衛隊幹部だけが全公務員の中で教育の機会を与えられていない

    複数の自衛隊幹部は「自衛隊幹部の学歴先進国でも最低レベルではないか。平和安全法制以後、米国などとの共同作戦演習が増えていく中で深刻な問題になっている」と現状を嘆く。

    その深刻な問題とは何か。第1は、高等教育で学ぶ抽的思考ができないために共同作戦演習のための意思疎通ができなくなることである。要するに知的分野での交流・貢献ができない。例えば、米軍側は以前「宇宙空間サイバー間で機動(maneuver)する」と自衛隊との会議で発言した。側は「機動」という概念を「導権を取る」という意味で使用しているのだが、自衛隊幹部の多くは「機動」を物理的にしか理解していなかったのである。

    近年の米軍作戦コンセプトは抽的な思考を重視する傾向がより一層強まっており、このままでは、共同作戦もできなくなる恐れがある。実際、日共同の現場の自衛隊幹部の多くが限界を感じつつあるという。

    第2は、根性論の重視である。自衛隊の組織運営根性論パワハラ全開である。それは文書作成1つを見てもわかる。陸自では、パワーポイントの見出しのフォントMSゴシック、本文は明朝体にせず、また誤字脱字があれば人格否定されるのが常であるという。また、田舎の駐屯地では将官を出迎えるために、佐官が床にワックスがけをしている。人員が足りない自衛隊において、信じがたいほど非効率だ。

    米軍などを見習って、基本的に幹部には学位を取らせるべきであるし、キャリアに当たる幹部は基本的に他庁と同様に留学させるべきだ。大学修士課程であれば1人135万円、学部なら250万円で卒業だが、これは演習弾数発程度でしかない。オスプレイ2機を断念すれば自衛隊の大卒幹部のほとんどを修士課程に、5機を断念すれば自衛隊高卒幹部約2万人を全員学卒にできる。

    自衛隊幹部だけが全公務員の中で、教育の機会を与えられず、中学校レベル根性論パワハラで勤務させられるのは差別的待遇でしかない。

    諸外国に比べ教育を軽視している自衛隊……。(時事通信フォト=写真)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【納得】自衛隊幹部が異様な低学歴集団である理由】の続きを読む


     「愚行」で後味の悪さが残る大会だった。

     U18アジア選手権の決勝戦が10日に宮崎市内で行われ、韓国が延長タイブレークにもつれ込む大戦の末、台湾に7-5で接戦を制して2大会ぶり5度の優勝を飾った。


     問題の行動は試合後だった。韓国ナインはマウンド付近でペットボトルを掛け合うウォーターシャワーで喜びを露にすると、ペットボトルやグラブを次々と放り投げた。その後に両チームが本塁前で挨拶をかわしたが、なんと韓国ナインは片づけずにそのまま一塁ベンチへ引き上げていった。韓国の首も注意しない。試合後には閉会式が予定されていたため、運営スタッフが散乱したペットボトルとグラブを拾い集める事態になった。

     この韓国代表の振るまいにネット上では怒りのが殺到。「個々のが高いことは認めるが、マナーとして最低。優勝を祝福する気持ちも起こらない」、「選手だけでなく、なぜ導者も注意しないのか。モラルがなさすぎる。組織関係者は大人として韓国選手に礼儀を教えるべき」と摘するが多く、中には「来年に釜山で行われるU18W杯韓国の出場権を剥奪するべき。感情論でなく他に失礼すぎる。スポーツマンシップのかけらもない。地元開催だけど出場できないぐらいのペナルティーを出さないと善しない」と手厳しい意見もあった。

    ・合わせて読みたい→
    韓国人選手のプレーに批判殺到 大阪桐蔭・中川が激怒したラフプレーとは?(http://cocokara-next.com/stress/criticism-in-the-play-of-the-korean-players/)



     喜びのあまりを忘れて片づけまで気が回らなかったかもしれない。だが、選手は一人として気づかなかったのか。また、導者も注意するべきだった。

     韓国日本と同様にアジア野球としてもがその強さを認めている。だが、強くても礼節や常識を欠いた行動では信頼を失う。日本反面教師にすると共に、韓国も今回の行動を反して襟を正さなければいけない。

    健康ダイエット運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保するものではありません。

    [文/構成:ココカラネクスト編集部]

    「韓国の出場権を剥奪するべき」 U18決勝戦後の愚行に怒りの声が殺到


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【野球】「韓国の出場権を剥奪するべき」 U18決勝戦後の愚行に怒りの声が殺到】の続きを読む

    このページのトップヘ