あれこれ まとめブログ

あれこれまとめブログは2chのまとめサイトになります。面白ネタや自治ネタを掲載しています。

    裏ワザ


     

    ストレス社会」と呼ばれる現代社会。人々は様々な方向からのストレスを受けながら、毎日必死に生きています。

    ここでは、下の絵の中で何が「最初に見えた」かによって、あなたの「ストレス要因」を診断。あまり考えずに、に飛び込んできたものを選んでください。

    Credit: playbrain

     

    …何が最初に見えたでしょうか?

    それでは結果を見ていきましょう。

    1.頭がい骨

    あなたのストレス要因は、あなた自身が「義」であること。何に対しても一定の基準以上のクオリティを発揮できるあなたは、自分の行動についてどうしても「高いハードル」を設定してしまいます。ときには気楽に構えて、「できない自分」を受け入れてあげることが必要。世の中に「本当に璧な人」など存在していないのです。

    2.赤ちゃん

    あなたは世界についてネガティブイメージを抱えており、その強い警心を解くことができないため、それがストレス要因としてあなたを蝕んでいます。しかし、世界はあなたが思っているほど悪いところではありません。不必要な心配をぬぐい去り、人生における「喜び」を増やしていきましょう。

    3.顔

    人を喜ばせることが大好きなあなたは、いつもかを笑顔にしようとあの手この手を尽くします。しかし、そんな人のための行動が、裏を返せばあなたの「ストレス要因」でもあります。その「他者」へのフォーカスを「自分自身」に向けることができれば、あなたのストレスは少しずつ消え去ってくれるでしょう。

     

    心理テスト 記事一覧

    【心理テスト】何が最初に見えた? あなたの「恋愛傾向」が明らかに… ◯が見えると「愛情が重い」?


    関連記事

    【心理テスト】一番好きな「月」はどれ?あなたの「素の性格」が明らかに!


    【心理テスト】どっち回りに見える? 錯視画像であなたの性格傾向がわかる!


    【心理テスト】最初にトラブルが発生するのは誰?あなたの性格が明らかに… ○を選ぶとストレスに弱い…?


    【性格診断】エニアグラムであなたの特性がわかる!コワいほど当たる、9つから選ぶタイプ診断


     

    via: playbrain / translated & text by なかしー

     

     

    【心理テスト】最初に何が見えた?あなたの「ストレス要因」が分かる!


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【心理テスト】最初に何が見えた?あなたの「ストレス原因」がズバリ判明!!】の続きを読む


     NHK受信料徴収員の快進撃が止まらない。ホテル病院、さらにはウィークリーマンションからも受信料を徴収し、その行動の裏付けとなる判決も各地の裁判所で出ている。

     しかし、民放各局で働くスタッフに話を聞くと、彼らなりのNHK観やNHKへの対応が見えてきた。

    「世間ではNHKの受信料支払いを拒否する人もいます。ひたすら視する人や面と向かって支払いを拒絶する人もいます。しかし、じつを言えば民放の社員も同じなんです」(テレビ局スタッフ

     同じとはどういうことか。

    東京キー局の社員はおそらくほとんど受信料を払っていないはずです。実際、払っていないというはよく聞きますが、払っているという人にはあまり会ったことがないですから」(同)

     裁判まで起こして徴収している今、なぜそんなことになっているのか。

    テレビ局の社員は受信料徴収員に自分の勤務先名を明かしたり名刺を見せた上で『おたくとライバル関係にあるので銭は払えない』と告げています。徴収員はこの言葉を聞くとそそくさと帰り、その後も来なくなるそうです。もちろん、訴えられたり督促状が届くこともありません」(同)

     今の流れから言えば信じられない話だが、本当にこうした事例が多いという。

    「こうした話を局員から聞いた制作会社の人も『NHK仕事してないから払わない』と言っています。一般の方々と同様に視を決め込んだりするアナログな方法のようですが、とにかく支払っているスタッフは少ないですね。正確な統計があるわけではありませんが、テレビ業界は各産業の中でも支払い率は下位じゃないでしょうか」(同)

     驚くばかりだが、個人だけではなく法人としても払っているかどうか微妙という意見も聞けた。に払うのがバカバカしくなる話だが、逆に言えばライバル関係にあると言えばあのしつこい徴収員も去ってくれるという意味にも取れる。論、あくまでも例えばの話だが。
    (文=吉沢ひかる


    イメージ画像:「Thinkstock」より

    イメージ画像:「Thinkstock」より


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【しつこいNHK受信料徴収員を一発で撃退できる“魔法の一言”を公開! 民放キー局社員が激白「そそくさと帰り、その後も来ない」その方法とは!?】の続きを読む


    「今の彼とはうまくいっていてラブラブ!どうせならこのまま結婚まで行けたらいいなあ。でも、彼から『結婚』の2文字が出てくる気配がない。私との未来を真剣に考えてくれてるのかちょっと不安?でも、直接聞くのもちょっと勇気がいるし…」
    と思ってるそこのあなた!
    その状態を放っておくと、『長年付き合っていたのに、突然別れを切り出されたと思ったら、次の恋人とアッサリ結婚された』という、あるあるの悲劇になってしまうかもしれません。
    実は、彼氏に「この子だ」と思わせる彼女と「この子じゃないな」と思わせる彼女では、付き合っているときに「やっていること」が違うのです。
    そこで今回は、彼氏に「この子と結婚しよう」と思わせた彼女たちが、彼氏をそう仕向けさせた共通してやっていたことをお伝えしたいと思います。
    これからご紹介することは全て、僕の妻と友人のお嫁さんたちが実際にやっていた実話です。


    彼が窮屈さを感じるようなことを一切言わない

    束縛はしないほうがいい、という話は割とよく聞く話だと思うのですが、「ちょっとした一言」で彼に「この子といると窮屈だな」と思わせてしまう「自覚なし束縛」をやってる人、結構いるんですよね。
    例えば、彼がゴリゴリ仕事に精を出しているときに「わたしとの時間も作って欲しいな」といってしまう人。お気持ちはわかりますが、それハッキリいってNGです。
    それを言われると男性は「この子といると自分のやりたいことが全力でできなさそう」という印象を抱いてしまうんです。決して「俺とそんなに会いたいのかコイツぅ!」とはなりません。
    ハウコレ世代の皆さんは、26歳前後の彼氏と付き合っている人も多いと思うのですが、新卒入社の場合、仕事を始めて3年目は任される職責も大きくなってきて一番楽しい時期です。
    その時に彼女が「よきよき、わらわのことなど気にするでない、全力でチャレンジせい。」とど〜んと構えてくれると、男はその時の「恩」を忘れません。
    仕事がひと段落ついたら「僕のことをずっと支えて待ってくれていたこの子に返したい」と思うようになります。


    親友・家族と仲良くなってもらって外堀を埋めていく

    かといって、愛を深める行為を何もしなくて良い、ということではありません。彼との結婚を考えているなら彼女なりにやっておくべきことがあります。
    その最たるものが、自分の親友・家族と仲良くなってもらう、ということ。
    この時「未来の旦那さん候補として」紹介すると、自分の周囲の人間が彼のことをそう意識するので、その視線に彼はプレッシャーを感じてしまうので、「紹介する」スタンスはあくまで「彼氏として」というライトさが必要です。
    まずはかしこまった紹介をせずに仲良くなってもらうこと、そしてあなたの周りの人間と「心地いい関係」を作っておくことが大事です。
    彼とあなたの周囲の人たちとのいい人間関係が作れると、彼はいやでも「あなたとの未来」を考えるようになります。
    もし可能であれば、彼の親友や家族とあなたが仲良くなっておくと完璧です。
    完全に外堀が埋まった感じになり、ほっといても彼の周囲の人間が「あの子なんだろ?いい子じゃないか」と背中を押してくれます。(僕はこれを妻にやられました笑)


    「もしこうなったら…」という将来の話を一緒にする

    仮定の話をする、ということは未来を想像させる上で使えるテクニックですので覚えておいてください。
    例えばベビーカーを押している人を見たら、「将来子どもができたら、やらせたいこととかってあるの?」と聞くとか、お金の話になったら「将来家欲しいなって思う?」とか、色々彼の将来のこと聞いてみるといいですよ。
    もし、その答えのなかにあなたの存在が出てこなかったとしても凹む必要はありません。できるだけ彼の妄想を肯定的に広げていきましょう。
    心配しなくても、彼はいやでも横にいるあなたとの未来を脳内でイメージしてしまっています。
    そういう細かいジャブを打っていくことで、彼の「未来のイメージ」の中に、当たり前のようにあなたがいるようになります。
    その未来が楽しそうだな、と彼が思えば思うほど、あなたとの未来を欲しいと思うようになるのです。


    自分1人でも稼げる力をつけておく

    そして意外と大事なのが、あなた自身が稼げる力をつけておく、ということです。
    今の若い男性は特に経済的な理由で「結婚したくない」と思っています。
    これは「お金がかかるから」というよりはどっちかというと、この先行きの見えない時代で自分の稼ぎだけで家族を守っていく自信が持てない、というのが本音だと思います。
    この時、彼女に稼ぐ力があると「彼女とだったら家族を作れるかもしれない。最悪自分に何かあっても彼女は大丈夫だろう」という安心感に繋がります。
    「お金のことは心配しなくてもなんとかなるから大丈夫♪」という雰囲気を彼女から感じると、男は安心して結婚を決意できるようになることが多いのです。
    余談ではありますが、彼に「将来は家庭に入ってほしい」と言われていたとしても、「稼げる力」はあったほうが“絶対に”いいですからね。


    彼のプロポーズを引き出すキーワードは「安心感」

    彼が結婚を決意した彼女たちが、共通して彼に対して抱かせていたのは「安心感」です。
    ・自由にやりたいことをチャレンジさせてもらえる安心感・二人の関係だけなく、その周囲の人間とも仲良くやっていけそうな安心感・自分の将来をイメージした時に、そこに彼女がいても違和感のない居心地の良さ・金銭的なプレッシャーを和らげる経済的な余裕
    これらをさりげなく、押し付けないように彼に感じさせていた女性たちが、見事彼からの「結婚しよう」を引き出しているのです。
    その言葉がでるタイミングは、付き合っている年数はあまり関係ありません。半年後にもらった子も、5年後にもらった子もいます。
    できるだけ早くもらいたい、というのが本音だとは思いますが『急いては事を仕損じる』『急がば回れ』です。急かしてしまわないように、「どん」と構えておきましょう。
    そのあなたの余裕にこそ、彼はもっとも安心感を感じるのですから。(川口美樹/ライター)
    (ハウコレ編集部)

    彼氏に「この子と結婚しよう」と思わせた彼女たちみんながやっていた4つの裏技


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【婚活】彼氏に「この子と結婚しよう」と思わせた彼女たちみんながやっていた4つの裏技】の続きを読む


     資生堂グループハイプレステージブランド「クレ・ド・ポー ボーテ」では、フェイスラインエイジンサインの溜りどころであり、顔全体の印を左右することに着して、2018年7月に、3050代の女性1,000名を対とした「フェイスラインのケアに関する意識調」を実施しました。
     調結果から、「他人のフェイスラインのたるみ」は気になるものの、 「自分のフェイスラインのたるみ」は客観的に見る機会があるまで気づきにくく、多くの女性満足のいくケアを行えていないという実態が明らかになりました。


    <調概要
    ■サンプル数 :1,000人
    ■調3050代の女性
    ■調方法 :インターネット調
    ■調時期 :2018年7月

    フェイスラインのケア実態》
    ポイント(1)
    自分の「フェイスラインのたるみ」を気にしているのは、わずか20
    自分の3大肌悩みとして「フェイスラインのたるみ」をあげた人は20.5%。「シミ・そばかす」や「ほうれい線」などとべて、「フェイスラインのたるみ」ケアは見過ごされている現状が明らかに。

    ポイント(2)
    自分は気にしていなくても他人はあなたの「フェイスラインのたるみ」に気づいている!?
    久しぶりに会った友人など他人の肌を見たときに年齢を感じるポイントとして「フェイスラインのたるみ」をあげた人は44.4%。自分の3大肌悩みとして「フェイスラインのたるみ」をあげた人(20.5%)よりも2倍以上多い結果となり、自己認識と他者認識に大きなギャップが生じています。

    ポイント(3)
    フェイスラインのケアを行っている人でも、ほとんどの人が今のケアに満足していない!
    フェイスラインのケアを行っていると答えた人のうち、効果的なフェイスラインのケアができていないと思うと答えた人は85.5にのぼり、ケアをはじめている人でも、ほとんどの人が今のケアに満足していないという結果に。その理由は、第1位「どのような対策が効くのかわからないから(61.5%)」、第2位「効果が見えづらいから(44.0%)」でした。


    《調結果詳細》
    見過ごされている「フェイスラインのたるみ」ケア
    3大肌悩みに「フェイスラインのたるみ」をあげた人はわずか20%


    現在気になる肌悩みとして、「フェイスラインのたるみ」と回答した人は20.5%で、8つの肌悩み中5位となり、シミ・そばかす53.1)や毛(38.4)、ほうれい線(31.8)、燥(27.6)とべ、低い結果となりました。

    また、「フェイスラインのたるみ」のケア実態を尋ねたところ、「フェイスラインのたるみ」に対して特にケアを行っていない人の割合は59.9と、ほとんどの人がケアを行っていないことがわかりました。「フェイスラインのたるみ」は意識している人も大変少なく、実際にケアを行っている人も少なくなっており、多くの人が見過ごしてしまっていることがわかります。


    自分は気にしていなくても、他人には見られているのが「フェイスラインのたるみ」
    他人の肌で年齢を感じるポイントとして「フェイスラインのたるみ」をあげた人は44以上!
    「自己認識」と「他者認識」で大きなギャップが
    一方で、久しぶりにあった友人など、自分以外の女性の肌を見たとき、年齢を感じるポイントについて尋ねたところ、「フェイスラインのたるみ」と回答したのは44.4で、ほうれい線(59.4)に次いで2位と同率2位元のシワ(44.4)と同様に、多くの人が「他人のフェイスラインのたるみ」をみて、老けたと感じていることがわかりました。

    フェイスラインのたるみ」は、自身の肌悩みについて尋ねたときは第5位でしたが、他人の肌で年齢を感じるポイントとしては第2位となっており、 「他人のフェイスラインのたるみ」には気づく人が多い一方で、 「自分自身のフェイスラインのたるみ」には気づかない人が多く、自己認識と他者認識でギャップが大きいことが伺えます。


    フェイスラインのたるみ」は、客観的に見てはじめて気づく盲点!
    顔の形状変化のシミュレーションを見ると、10年後深刻化しそうな肌悩みとして
    フェイスラインのたるみ」をあげる人が、1.7倍に増加


    年齢による顔の形状変化を客観的に示したシミュレーション動画※を見る前後で、「フェイスラインのたるみ」に対する意識が、どう変化するかを調べたところ、視聴前に、10年後深刻化しそうな3大肌悩みとして「フェイスラインのたるみ」をあげた人は、わずか34.0だったものの、 視聴後に 同じ質問で「フェイスラインのたるみ」 をあげた人は1.7倍の、57.9%となりました。「フェイスラインのたるみ」の深刻さは、多くの人にとって客観的なシミュレーションを見るまで気づかない盲点となっていたことがわかります。

    また、自身の肌悩みについて「フェイスラインのたるみ」をあげた人に対し、「フェイスラインのたるみ」が気になったシーンをあげてもらったところ、「証明写真を撮ったとき」や「同会の写真を見たとき」といった回答が多くみられ、コメントからも、「フェイスラインのたるみ」は客観的に見てはじめて気づくケースが多いことが伺えます。


    フェイスラインのケアをしている人でも現在のケアに満足していない人が85以上
    理由は「どのような対策が効くのかわからないから」が最も多いという結果に。

    現在フェイスラインのケアを行っていると答えた人【n=401】に対して効果的なケアができていると思うかを尋ねたところ、効果的なケアができていないと回答した人は、85.5%という結果に。多くの女性が、現状のケアに満足していないことが伺えます。

    効果的なケアができていないと感じる人【n=343】が答えたその理由については、第1位「どのような対策が効くのかわからないから(61.5%)」、第2位「効果が見えづらいから(44.0%)」と、フェイスラインのケアは何が正解なのかわからず悩んでいたり、に見えた効果がなく不安に思っている人が多いことが浮き彫りになりました。

    また、フェイスラインについてどのような対策があれば取り組んでみたいかを聞いたところ、効果が実感できる化粧品を使ったケアがあるのなら、ぜひ取り組みたいといったコメントが多く見受けられました。

    ■適切なケアで、フェイスラインのたるみの予防・善に取り組もう
    フェイスラインのたるみについて、株式会社資生堂ライフサイエンス研究センター江連智暢主任研究員は 「シミやしわなどにべ、正面からを見るだけではわかりづらいため、多くの人がフェイスラインのたるみの深刻さに気がついていません。フェイスラインは乱れることで顔の印を大きく変え、顔を老けて見せたり、顔を大きく見せてしまうことがあるため、適切なケアが必要です。フェイスラインのたるみ(乱れ)は、エイジングによる皮の衰えなどが原因で引き起こされることがわかっています。たるまない習慣として、自分にあった化粧品や、マッサージ、エクササイズなどの正しい方法を取り入れて、ぜひ積極的にフェイスラインのたるみの予防・善に取り組んでいただきたいです」と話しています。


    【ご参考】 自分では気がつかないフェイスラインのたるみ
    株式会社資生堂 ライフサイエンス研究センター主任研究員 江連智暢

    上の図は、同一人物の正面から見た顔と斜め45度から見た顔の写真です。正面から見る顔より、斜め45度から見る顔のほうが、加齢による肌のたるみによる影が立つため、老けて見えることがわかります。しかし、多くの女性達が普段は正面からしか自分の顔を見ることがないので、普段見慣れている「自分目線」の正面顔と「他人線」の斜め45度顔で、自分の年齢印が異なることに気がついていません。40代の一般女性およそ40名に、正面から撮影した自分の顔写真と、斜め45度から撮影した自分の顔写真で見た年齢を較してもらった実験を行ったところ、斜め45度顔のほうが均して10歳上に見えるという結果がわかりました。中には、正面から見たときの顔は20代と答えたのに、斜め45度顔は40代と答えた人も。日頃で見ているだけでは、フェイスラインのたるみの深刻さに気づかず、ケアを怠ってしまう人も多いのです。

    ※『「他人線」でたるみケア』(講談社)より一部抜

    <江連智暢 プロフィール
    株式会社資生堂 ライフサイエンス研究センター主任研究員。1990年4月入社。入社以来一貫してアンチエイジング領域の研究開発に従事。皮膚科学研究を基点に体系的なアンチエイジング理論を生み出し、多くの製品を開発。化粧品業界のオリンピックと言われる化粧技術者会連盟(IFSCC)の世界大会で世界初の2大会連続で最優秀賞を獲得したほか、皮膚科学学会日本美容皮膚科学会、日本結合組織学会などの専門学会でも受賞。日本粧業会から功労賞を受賞。同社の研究開発の最先端で活動中。著書に『顔の老化メカニズム たるみとシワの仕組みを解明する』(日刊工業新聞社) 『「他人線」でたるみケア』(講談社)がある。

    配信元企業株式会社資生堂

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【フェイスラインのケアに関する意識調査 他人のフェイスラインが気になる人は自分のフェイスラインが気になる人の2倍以上 「フェイスラインのたるみ」はエイジングダメージの盲点】の続きを読む


    節約、女性

    ((C)ぱくたそ)

    10日放送『沸騰ワード10』(日本テレビ系)で、東京都立川市で「電気代0円」生活をする女性に密着。年間13万円もの節約に繋がる驚きの生活ぶりが明かされ、大きな反響が起きている。

    ■街の変わり者・藤井さん

    「街の変わり者に会いに行く」ロケ企画、リポーターのアルコ&ピース・平子祐希(39)は、立川の団地に住む女性宅を訪れるが、「使用できませぬ」と張り紙されたインターホンを見て「2クセある」といぶかしむ。

    実はこの団地にお住いの58歳女性・藤井さんは、6年間「電気代0円」生活を続けている「変わり者」。

    涼をえるのは、水を点滴のように落とし蒸発する際の気化熱を利用した「ぽたりん」という道具。エアロバイクで自家発電し最低限の電気をカバーするなど、その生活は徹底している。

    ■電気のない生活

    炭を使った昔のアイロン、砂と水を詰めた植木鉢が冷蔵庫替わり、手動の洗濯機、発泡スチロールを使った保温ボックスなどを活用し電気代ゼロ円で生活する藤井さん。この生活を維持するため、「第二種電気工事士」の資格も取得している。

    日々の食事にも電気・ガスを使わない。銀色のレジャーシートを加工した器具で日光を集め鍋やフライパンを加熱、「炊飯」から「調理」まで行う。この方法なら曇りや冬でも調理可能だと明かされた。

    ■0円生活のきっかけは…

    徹底した電気代0円生活のきっかけは2011年の東日本大震災。節電意識が芽生え、6年前に子供が大学進学で1人暮らしを始めたのを機に電力会社と契約を解除、完全自家発電生活に切り替えたという。

    電気、ガス代だけでなく、自家発電用のエアロバイクを漕ぐことで「ジムにもいかなくなった」ため、年間で13万円ほどの節約を実現。先日は「ヨーロッパ旅行に行った」と電気代0円生活を心から楽しんでいる様子だった。

    ■平子は称賛

    平子も「変わり者でもなんでもない。地球・空・太陽の恵み、我々に与えてくれるものがある」と感銘を受けた藤井さんの生活スタイル。

    オール電化も珍しくない昨今、生活する上で欠かせない電気を自家発電だけで賄う姿に視聴者からは驚きの声が溢れていた。

    ■批判や心配の声も

    もちろん、全員が藤井さんの生活に賛同するわけではない。「こんな大変な思いするなら電気代払う」「時間がもったいない」など批判的な意見も散見された。

    また、記録的猛暑が続いているだけに、「熱中症」を心配する声も少なくない。

    ■過半数は「節約を意識」

    しらべぇ編集部で全国20~60代の男女1,343名を対象に調査したところ、過半数が「節約を意識する」と回答した。

    節約を意識

    (©ニュースサイトしらべぇ)

    節約意識は大切とはいえ、無理をして苦しい想いをしたり、身体を壊してしまっては意味がない。電気代に囚われることなく、無理のない節約生活を満喫してほしいと願うばかりだ

    ・合わせて読みたい→どの出費を節約してる?自由化で「電気代」に意識が高め

    (文/しらべぇ編集部・サバマサシ

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日
    対象:全国20代~60代の男女1,343名(有効回答数)

    「日光で調理」「自家発電」 東京・立川で6年間も電気代0円で生活する女性がスゴすぎる


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【節約】「日光で調理」「自家発電」 東京・立川で6年間も電気代0円で生活する女性がスゴすぎる】の続きを読む

    このページのトップヘ