あれこれ まとめブログ

あれこれまとめブログは2chのまとめサイトになります。面白ネタや自治ネタを掲載しています。

    スポーツ


     テニスの全オープンで4大大会シングルスの日本勢初優勝を果たした大坂なおみが13日に帰して羽田空港で開いた記者会見で、日本メディアの質問内容がSNSで酷評されている。


     同大会の決勝で元世界ランク1位セリーナ・ウィリアムズ米国)との闘を制したが、質問は試合内容やテニスと関係のない内容ばかり。

     「インスタグラムにたくさんの写真をあげていますが、どんな写真とどんな場所で掲載したいですか」、「大坂選手の中で大事にしている言葉や日本語はありますか。その理由も教えてください」と続いた。

     あるメディアから「日本人の間に生まれた人が日本人という古い価値観が残っている中、大坂さんのバックグラウンドが伝えられる中で、そういった価値観を変えようという動きが出てきていると思うのですが」と聞かれると、大坂は少し戸惑った表情を見せたが、「これは質問?自分のアイデンティティについて深く考えたことはないのですが、『私は私である』としか思っていないので、私が育てられてきた方法の通りです。テニスに関しては、日本スタイルらしくないと思っています」と丁寧に答えた。

    ・合わせて読みたい→
    大坂なおみ、セレーナ 表彰式一問一答 涙、涙のセレモニー(http://cocokara-next.com/athlete_celeb/naomiosaka-ceremony-of-tears/)

     決勝はセリーナが暴言を吐くなど3度の警告を受けた。表式では大坂が観衆からわき起こったブーイングが自身に向けられたものと勘違いして涙を流す場面も。その複雑な感情を忖度して質問で触れなかったのかもしれないが、確かにテニスに関しての質問は少なかった。

     ネット上では「テニスやってる小学生の方が間違いなく有益な質問をする」、「日本メディアは酷い。世界中で笑われる」、「どんなにしょうもない質問にも笑顔で礼儀正しく応えてくれていた姿に純で素直な彼女の人間性をみた。彼女日本人としてのアイデンティティを問うた記者は自らをみる必要があると思う。恥ずべき愚問だった」と苦言を呈する書き込みが殺到。「大坂が急に強くなり、一気にグランドラム制覇まで上り詰めることができたのには必ず理由があるはず。メンタル面の成長と決して任せに決めに行かない組み立ての成長、リターンストロークの深さなど、素人にも本当にすごい選手だと感じさせられた。この様な部分を聞き出すのが記者。好きな日本語だとか日本食だとかそんなに大事な質問でしょうか」と疑問が投げかけられていた。

     記者会見のルール見直しをめる意見も多かった。「ワイショーのレポーターは排除で。スポーツ関係の記者でお願いしたい所詮ワイショーのレポーターは面がってるだけ」、「ワイショーカメラのみ。質問マイクは専門マスコミに限るって会見開く側が制限つけていいと思うんだけどね」と摘するが。「テニスの話なんて一般の人間は興味ない。大坂の人間性を知りたいから質問内容も問題ない」と反論もあったが少数だった。

     確かにアスリートはアイドルや芸人ではない。テニスプレーヤー大坂世界中から注されているだけに、日本報道のあり方を見つめ直す必要があるかもしれない。

    健康ダイエット運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保するものではありません。

    [文/構成:ココカラネクスト編集部]

    「日本のメディアは酷い。世界中で笑われる」 大坂なおみの記者会見に落胆の声


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「日本のメディアは酷い。世界中で笑われる」 大坂なおみの記者会見に落胆の声】の続きを読む


     「愚行」で後味の悪さが残る大会だった。

     U18アジア選手権の決勝戦が10日に宮崎市内で行われ、韓国が延長タイブレークにもつれ込む大戦の末、台湾に7-5で接戦を制して2大会ぶり5度の優勝を飾った。


     問題の行動は試合後だった。韓国ナインはマウンド付近でペットボトルを掛け合うウォーターシャワーで喜びを露にすると、ペットボトルやグラブを次々と放り投げた。その後に両チームが本塁前で挨拶をかわしたが、なんと韓国ナインは片づけずにそのまま一塁ベンチへ引き上げていった。韓国の首も注意しない。試合後には閉会式が予定されていたため、運営スタッフが散乱したペットボトルとグラブを拾い集める事態になった。

     この韓国代表の振るまいにネット上では怒りのが殺到。「個々のが高いことは認めるが、マナーとして最低。優勝を祝福する気持ちも起こらない」、「選手だけでなく、なぜ導者も注意しないのか。モラルがなさすぎる。組織関係者は大人として韓国選手に礼儀を教えるべき」と摘するが多く、中には「来年に釜山で行われるU18W杯韓国の出場権を剥奪するべき。感情論でなく他に失礼すぎる。スポーツマンシップのかけらもない。地元開催だけど出場できないぐらいのペナルティーを出さないと善しない」と手厳しい意見もあった。

    ・合わせて読みたい→
    韓国人選手のプレーに批判殺到 大阪桐蔭・中川が激怒したラフプレーとは?(http://cocokara-next.com/stress/criticism-in-the-play-of-the-korean-players/)



     喜びのあまりを忘れて片づけまで気が回らなかったかもしれない。だが、選手は一人として気づかなかったのか。また、導者も注意するべきだった。

     韓国日本と同様にアジア野球としてもがその強さを認めている。だが、強くても礼節や常識を欠いた行動では信頼を失う。日本反面教師にすると共に、韓国も今回の行動を反して襟を正さなければいけない。

    健康ダイエット運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保するものではありません。

    [文/構成:ココカラネクスト編集部]

    「韓国の出場権を剥奪するべき」 U18決勝戦後の愚行に怒りの声が殺到


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【野球】「韓国の出場権を剥奪するべき」 U18決勝戦後の愚行に怒りの声が殺到】の続きを読む


     体操界を大きく揺るがす速見コーチ34)による宮川紗江選手(19)への暴力導。宮川選手の両親が「週刊文春」の取材に応じ、2人の関係について初めてった。

     母親は次のようにった。

    「色々誤解されていますが、速見先生が紗江を一方的に押さえつけたり、洗脳しているということは絶対にありません。紗江の会見についても、彼女が自分から話したいと言い出したんです」

     9月6日、速見コーチ宮川選手に往復ビンタふる映像が報じられると、様々な憶測が飛び交うようになった。父親る。

    「速見先生は(地位保全をめる)仮処分申し立てを取り下げ、謝罪会見で処分を全面的に受け入れることを表明しています。先生も紗江も体罰事実を認めていたところに、動画が出てきた。また事実根の情報が垂れ流されていることも残念に思います」

     9月13日(木)発売の「週刊文春」で、宮川選手の両親は、「2人は恋愛関係にあるのではないか」などという摘や宮川選手の契約問題についても言及している。また、同誌は「鳴りくビンタ」「頭にソフトクリーム」など、塚原男(70)、千恵子71)夫妻による新たな暴力疑惑や、他クラブからの引き抜き工作の実態について計8ページにわたって特集している。

    (「週刊文春」編集部/週刊文春 2018年9月20日号)

    宮川紗江選手と、指導する速見佑斗コーチ ©共同通信社


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【速報】宮川選手の両親が初告白 速見コーチとの「本当の関係」】の続きを読む


    日本人として初の快挙、全オープンテニス大坂なおみ選手が初優勝というニュース昨日から大きな話題となっており ...


    日本人として初の快挙、全オープンテニス大坂なおみ選手が初優勝というニュース昨日から大きな話題となっておりますが、それとともににわかに問題となっているのが、彼女へのバッシング。一番多いのが「彼女日本人に見えない」という問題です。これに対し「見たで判断するな」という意見もあり現在ネットでは大坂なおみを巡る問題で加熱しております。

    大坂なおみ選手への批判

    さてへ現在大坂なおみ選手への批判としては以下のようなものがあります。(Twitterより抜

    大坂なおみさんがいい人で頑り屋さんなのは本当にわかった。ただあれは日本人じゃないだろう。せめて日本語はペラペラでいてくれ。

    大坂なおみって日本人じゃないよな

    大坂なおみって二重籍なん? だったら、日本人じゃないね。

    に見たの問題や、言日本語ではない、二重籍である、という点があげられるようです。

    まずこの問題の前提として、擁護派と侵の意見がそもそも噛み合っていないという点が問題です。

    日本人」の概念として「見た日本人じゃない」という問題と「法的に日本人である」という全くベクトルの違う議論っ向から対立しているのが現状です。


    さらに、現地では試合後にブーイングが起こるなど、海外からも彼女に対するバッシングが強いようです。


    この問題を解決するにはそもそも「日本人とはなにか」
    を明確化させる必要があるわけですが、「法的」「見た」「言」・・・などなど残念ながら前提条件が様々ありすぎるので今後もこの問題はつきまとうのかもしれません。

    別件ではありますがこちらのタレントのタトゥ問題もにわかに問題となりましたが

    彼女は優勝という「名誉」と同時に、「批判」というとんでもない代償と戦わなければならないのかもしれません。



    画像が見られない場合はこちら
    やっぱり。大坂なおみ選手SNSで「日本人に見えない」という批判が殺到


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【やっぱり。大坂なおみ選手SNSで「日本人に見えない」という批判が殺到】の続きを読む


    セリーナがラケットをたたきつけ破壊する間を海外メディア

     テニスの今季4大大会最終戦、全オープンは8日(日本時間9日)、女子シングルス決勝で世界ランク19位の大坂なおみ日清食品)が元世界1位女王セリーナ・ウィリアムズ米国)に6-2、6-4でストレート勝ち。日本人史上初となるグランドラム制覇を成し遂げた。一方でグランドラム24勝はならなかったセリーナは、スタンドからコーチングを受けたことでの警告をきっかけに激怒ラケットを地面にたたきつけて、怒りを爆発させた。この場面の一部始終スポーツ専門局「ESPN」のスポーツ情報番組「スポーツセンタースペイン語版の公式ツイッター開。ファンの顰蹙をかっている。

     セリーナのイライラがピークに達した。第2セットブレークバックを許した第5ゲームだ。手にしていたラケットいっぱい地面にたたきつけた。残にもフレームは折れ曲がり、ガット部分も破れてしまった。この愚行で、この日2度の警告を受けたセリーナ。の形相で不満を審にぶつけたが、この後には3度のペナルティーを受け第8ゲームは戦わずして落とした。3-5となり、結局このセットも落としストレート負け。まさに自滅だった。

     ラケット破壊の間を同メディアは「セリーナ・ウィリアムズ、怒りを爆発させラケット叩きつけて破壊。そしてベンチで泣いた」とつづり、動画開。フォロワーからはブーイングが相次いでいる。

    「悪しき敗者…!」
    「恥ずべき振る舞い」
    「対戦相手と審判に対して礼。失格にすべき」
    彼女テニス界にとって大事な選手で、多くの女性アスリートにとって手本になるべきなのに」
    「恥ずかしい!!!!」

     女児の出産から1年。この大会にかける思いの強さから出てしまった行動なのか。最後まで冷静さを取り戻せなかったセリーナ。試合後は抱擁で大坂を称えたが、その女王らしからぬ振る舞いはしばらく尾を引きそうだ。(THE ANSWER編集部)

    セリーナ・ウィリアムズ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【大荒れセリーナ、衝撃ラケット破壊の一部始終に海外ファン激怒 「恥ずべき振る舞い」】の続きを読む

    このページのトップヘ