あれこれ まとめブログ

あれこれまとめブログは2chのまとめサイトになります。面白ネタや自治ネタを掲載しています。

    悩み相談



    (出典 d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net)



    1 病弱名無しさん :2018/10/08(月) 16:11:40.30 ID:WzNvFLoo0.net

    おっ勃て

    前スレ
    【チントレ】*増大法を語ろう 104mm
    http://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/body/1532995979/


    【【チントレ】ペニス増大法を語ろうスレ 105mm】の続きを読む



    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2018/10/14(日) 14:35:14.555 ID:e3O0a4E20.net

    オナホはこの2つだ!

    (出典 i.imgur.com)


    【【緊急】オナホの隠し場所を考えてくれ!】の続きを読む


    「今の彼とはうまくいっていてラブラブ!どうせならこのまま結婚まで行けたらいいなあ。でも、彼から『結婚』の2文字が出てくる気配がない。私との未来を真剣に考えてくれてるのかちょっと不安?でも、直接聞くのもちょっと勇気がいるし…」
    と思ってるそこのあなた!
    その状態を放っておくと、『長年付き合っていたのに、突然別れを切り出されたと思ったら、次の恋人とアッサリ結婚された』という、あるあるの悲劇になってしまうかもしれません。
    実は、彼氏に「この子だ」と思わせる彼女と「この子じゃないな」と思わせる彼女では、付き合っているときに「やっていること」が違うのです。
    そこで今回は、彼氏に「この子と結婚しよう」と思わせた彼女たちが、彼氏をそう仕向けさせた共通してやっていたことをお伝えしたいと思います。
    これからご紹介することは全て、僕の妻と友人のお嫁さんたちが実際にやっていた実話です。


    彼が窮屈さを感じるようなことを一切言わない

    束縛はしないほうがいい、という話は割とよく聞く話だと思うのですが、「ちょっとした一言」で彼に「この子といると窮屈だな」と思わせてしまう「自覚なし束縛」をやってる人、結構いるんですよね。
    例えば、彼がゴリゴリ仕事に精を出しているときに「わたしとの時間も作って欲しいな」といってしまう人。お気持ちはわかりますが、それハッキリいってNGです。
    それを言われると男性は「この子といると自分のやりたいことが全力でできなさそう」という印象を抱いてしまうんです。決して「俺とそんなに会いたいのかコイツぅ!」とはなりません。
    ハウコレ世代の皆さんは、26歳前後の彼氏と付き合っている人も多いと思うのですが、新卒入社の場合、仕事を始めて3年目は任される職責も大きくなってきて一番楽しい時期です。
    その時に彼女が「よきよき、わらわのことなど気にするでない、全力でチャレンジせい。」とど〜んと構えてくれると、男はその時の「恩」を忘れません。
    仕事がひと段落ついたら「僕のことをずっと支えて待ってくれていたこの子に返したい」と思うようになります。


    親友・家族と仲良くなってもらって外堀を埋めていく

    かといって、愛を深める行為を何もしなくて良い、ということではありません。彼との結婚を考えているなら彼女なりにやっておくべきことがあります。
    その最たるものが、自分の親友・家族と仲良くなってもらう、ということ。
    この時「未来の旦那さん候補として」紹介すると、自分の周囲の人間が彼のことをそう意識するので、その視線に彼はプレッシャーを感じてしまうので、「紹介する」スタンスはあくまで「彼氏として」というライトさが必要です。
    まずはかしこまった紹介をせずに仲良くなってもらうこと、そしてあなたの周りの人間と「心地いい関係」を作っておくことが大事です。
    彼とあなたの周囲の人たちとのいい人間関係が作れると、彼はいやでも「あなたとの未来」を考えるようになります。
    もし可能であれば、彼の親友や家族とあなたが仲良くなっておくと完璧です。
    完全に外堀が埋まった感じになり、ほっといても彼の周囲の人間が「あの子なんだろ?いい子じゃないか」と背中を押してくれます。(僕はこれを妻にやられました笑)


    「もしこうなったら…」という将来の話を一緒にする

    仮定の話をする、ということは未来を想像させる上で使えるテクニックですので覚えておいてください。
    例えばベビーカーを押している人を見たら、「将来子どもができたら、やらせたいこととかってあるの?」と聞くとか、お金の話になったら「将来家欲しいなって思う?」とか、色々彼の将来のこと聞いてみるといいですよ。
    もし、その答えのなかにあなたの存在が出てこなかったとしても凹む必要はありません。できるだけ彼の妄想を肯定的に広げていきましょう。
    心配しなくても、彼はいやでも横にいるあなたとの未来を脳内でイメージしてしまっています。
    そういう細かいジャブを打っていくことで、彼の「未来のイメージ」の中に、当たり前のようにあなたがいるようになります。
    その未来が楽しそうだな、と彼が思えば思うほど、あなたとの未来を欲しいと思うようになるのです。


    自分1人でも稼げる力をつけておく

    そして意外と大事なのが、あなた自身が稼げる力をつけておく、ということです。
    今の若い男性は特に経済的な理由で「結婚したくない」と思っています。
    これは「お金がかかるから」というよりはどっちかというと、この先行きの見えない時代で自分の稼ぎだけで家族を守っていく自信が持てない、というのが本音だと思います。
    この時、彼女に稼ぐ力があると「彼女とだったら家族を作れるかもしれない。最悪自分に何かあっても彼女は大丈夫だろう」という安心感に繋がります。
    「お金のことは心配しなくてもなんとかなるから大丈夫♪」という雰囲気を彼女から感じると、男は安心して結婚を決意できるようになることが多いのです。
    余談ではありますが、彼に「将来は家庭に入ってほしい」と言われていたとしても、「稼げる力」はあったほうが“絶対に”いいですからね。


    彼のプロポーズを引き出すキーワードは「安心感」

    彼が結婚を決意した彼女たちが、共通して彼に対して抱かせていたのは「安心感」です。
    ・自由にやりたいことをチャレンジさせてもらえる安心感・二人の関係だけなく、その周囲の人間とも仲良くやっていけそうな安心感・自分の将来をイメージした時に、そこに彼女がいても違和感のない居心地の良さ・金銭的なプレッシャーを和らげる経済的な余裕
    これらをさりげなく、押し付けないように彼に感じさせていた女性たちが、見事彼からの「結婚しよう」を引き出しているのです。
    その言葉がでるタイミングは、付き合っている年数はあまり関係ありません。半年後にもらった子も、5年後にもらった子もいます。
    できるだけ早くもらいたい、というのが本音だとは思いますが『急いては事を仕損じる』『急がば回れ』です。急かしてしまわないように、「どん」と構えておきましょう。
    そのあなたの余裕にこそ、彼はもっとも安心感を感じるのですから。(川口美樹/ライター)
    (ハウコレ編集部)

    彼氏に「この子と結婚しよう」と思わせた彼女たちみんながやっていた4つの裏技


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【婚活】彼氏に「この子と結婚しよう」と思わせた彼女たちみんながやっていた4つの裏技】の続きを読む


    絶望する女性

    monzenmachi/iStock/Getty Images Plus写真イメージです)

    日々仕事をこなし、休日それなりに余暇を楽しむ。しかし、ふと「自分は何のために生きているのだろう」と絶望したことはないだろうか。

    このことについて、『はてな匿名ダイアリー』に投稿されたトピックが話題になっている。

    ■「みんな何のために生きてるの?」

    「生きる意味が本気でわからなくなってきた」と悩みを訴える投稿者。結婚子供にも興味がなく、仕事でも成し遂げたいことがないことからほどほどに働いているという。「自分はこういう人間になりたい」といったような理想もなく、生きることに対して「そこそこ楽しいしそこそこつらい」と感じているようだ。

    それでも自殺をしていないのは親が生きているからだとし、「自分の子供に先立たれるのはつらい」と親を気遣う気持ちがあるからだという。

    なぜ、つらい思いをしてまで生きているかわからないとし、「みんな何のために生きてるの?」と意見をめた。

    ■「自分もわからない」「理由なく生きてる」

    何のために生きているのかがわからないという投稿者の悩みに対し、トピックコメントや『はてなブックマーク』からは共感のがあがった。

    ・わかるー。今は子どもを育てるためだけど。結局この日々を乗り越えた先は死なのかぁ…ゴール遠いなぁ…って思う

    ビビって飛び降りたり電車に飛び込んだりできないだけで、理由なく生きてる。 死ぬ度胸がないのって本当惨め。なんで死にたい時に死なないんだろうな

    ・ほんと自分もわからない 前ほど結婚願望もなくなり、仕事もできるやつとそうでもないの差がガバッと開いて後者になりかけてるし、想と勢いで乗り越えられる若さがなくなりどうしたらいいか に出たい

    ■「美味しいものを食べるため」「暇つぶしで良いじゃん」

    一方で、「○○のため」と明確に生きる意味を見出している人も。

    ・私は美味しいものを食べるために生きてる。 寝ることも好きだ。 自由に好きな事をして過ごせるように働いてる

    スプラトゥーン2やるために決まってんじゃん

    また、「意味なんてない」「考える必要もない」とのも。

    暇つぶしで良いじゃん。 生まれた事に意味なんていよ、かの都合で勝手に発生させられちゃっただけなんだから、 消え去るまで出来るだけ面おかしく時間を潰してけば?

    ・命は生かされてるんだよ。それだけ。 自分がどーにかしていいってものじゃないと思う

    ■人生とは何か考えたことがある人は…

    しらべぇ編集部が全2060代の男女1,332名に「人生」について調したところ、およそ6割が「人生とはなにかと考えたことがある」と回答。

    人生とはなにか性年代別グラフ(©ニュースサイトしらべぇ)

    2030女性にその傾向が見られた。

    一度きりの人生、意味を見出すか見出さないかは自分次第。ただひとつ言えるのは、「意味がある」と思って生きるか、「意味なんてない」と開き直って好きなことをするほうが楽しいということだ。

    ・合わせて読みたい→「付き合ってない男からの呼び捨て」に不満な女子 その主張に賛否の声

    (文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

    【調概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調期間:2017年3月24日2017年3月26日
    :全20代60代の男女1,332名 (有効回答数)

    生きる意味がわからないと訴える匿名投稿が話題 「理由なく生きてる」と共感の声も


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【生きる意味がわからないと訴える匿名投稿が話題 「理由なく生きてる」と共感の声も】の続きを読む


    ブラジャーを持つ女性

    (AH86/iStock/Getty Images Plus写真イメージです)

    女性たちの胸を保護するブラジャー。一般的には、第二次性徴が起こる思期から身につけるといわれているが、中には親から買ってもらえなかったという女性もいるようだ。

    このことについて、女性向け匿名掲示板ガールズちゃんねる』のとあるトピックが話題になっている。

    ■親からブラジャーを買ってもらえず…

    投稿者の女性は、中学生になっても親からブラジャーを買ってもらえなかったと訴える。体操服は透けるため、いつも背で過ごしていたようだ。

    さらに、高校生になっても買ってもらえなかったため、さすがにこれでは過ごせなくなり、通販でこっそり買って中にこっそり洗濯していたとのこと。

    投稿者は、掲示板に「親にブラジャー買ってもらえなかった人って結構いるのでしょうか?」と意見をめた。

    ■「酷い親」「衝撃すぎて鳥肌立った」

    投稿を受け、掲示板からは「かわいそう」「親だ」と同情のが寄せられた。

    ・酷い親だね。洗ったブラ見られるだけでも暴言吐かれるの? 馬鹿過ぎて呆れるわ

    親だと、子ども生理とかブラとか嫌う人いるよね。親は生理来たこともブラしたこともないのかな

    ・なんか衝撃すぎて鳥肌立った…当時の買ってもらえなかった人達に買ってあげたいよ…

    ■「私も買ってもらえなかった」の声も

    また、投稿者と同じようにブラジャーを買ってもらえなかったというも。ブラジャーだけではなく、ナプキンなどの生理用品も与えられなかった女性もいるようだ。

    ・私も。生理用品とかも自分で買ってたよー

    ・私も買ってもらえなかったよ クラス半数以上が着けてるのに必要ないって 自分の小遣いで買って毎日洗ってた

    ・私も! 今思うと親だった。生理を報告しても、ティッシュ当てとけ言われた

    ・私も中々買って貰えなかったし、母親は店に一緒に行くのも相当嫌がってた。ブラジャーすんのそんな嫌なんかって思った

    ■毒親に育てられた人は…

    しらべぇ編集部が全2060代の男女1,371名に調したところ、およそ6人に1人が「親に育てられた」と回答した。

    (©ニュースサイトしらべぇ)

    女性の中には、投稿者と同じケースで悩んでいた人もいるのかもしれない。

    掲示板コメントの中には、「買ってもらえないのが普通だと思っていた」との内容も見受けられた。の発育や成長を認められる親でありたいものだ。

    ・合わせて読みたい→「近所に引っ越してくる両親」に不満の女性 「おこがましい」と共感する声も

    (文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

    【調概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調期間:2015年11月20日2015年11月24日
    :全20代60代の男女1371名

    高校生になっても親からブラジャーを与えられなかった女性 衝撃の内容に共感や悲鳴


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【悲惨】高校生になっても親からブラジャーを与えられなかった女性 衝撃の内容に共感や悲鳴】の続きを読む

    このページのトップヘ