あれこれ まとめブログ

あれこれまとめブログは2chのまとめサイトになります。面白ネタや自治ネタを掲載しています。

    神奈川



    (出典 www.kigyo-kc.co.jp)



    1 みつを ★ :2018/08/31(金) 06:24:19.86 ID:CAP_USER9.net

    http://news.tbs.co.jp/sp/newseye/tbs_newseye3460677.htm?1535664088979

    横浜で下校途中の小5女児はねられ死亡
    2018/08/30

     30日夕方、横浜市の市道で下校途中の小学5年生の女の子がワゴン車にはねられ、死亡しました。

     30日午後4時20分ごろ、横浜市西区の市道で、近くに住む小学5年生の渡辺ゆり愛さん(10)が交差点を渡っていたところワゴン車にはねられました。渡辺さんは全身を強く打ち、まもなく死亡が確認されました。

     警察は、ワゴン車を運転していた藤沢市の自営業・門倉広樹容疑者(35)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕していて、今後、容疑を過失運転致死に切り替える方針です。

     警察によりますと、渡辺さんは下校途中で、バスを降りた直後にはねられたということで、門倉容疑者は「気が付いたときには女の子が目の前にいて間に合わなかった」と供述しているということです。


    【【神奈川】横浜で下校途中の小5女児ゆり愛さんがはねられ死亡 ワゴン運転手の35歳自営業男性を現行犯逮捕 横浜市西区】の続きを読む


     海軍の町・横須賀には三笠公園という、戦艦「三笠」を展示する史跡公園がある。

     三笠とは、日露戦争の日本海海戦で、連合艦隊の「旗艦」であった戦艦だ。

     この戦艦には、連合艦隊の司令長官である東郷平八郎も乗船し、日本海軍の祖である坂本龍馬の写真を「守護神」として飾っていた非常に歴史的価値のある戦艦なのだ。この三笠と龍馬にまつわる不思議な話が残されている。

     日露戦争当時、昭憲皇太后の枕元に龍馬の幽霊が立ったという話がある。これはおりしも、日露戦争のクライマックスで、日本の連合艦隊と、世界最強と言われたロシアのバルチック艦隊が激突する直前のことだった。明治37(1904)年2月6日、昭憲皇太后の夢枕に坂本龍馬と名乗る男が白装束で立ち、日本海軍の勝利を予言したという事件があった。

     とはいえ、皇后陛下と龍馬に面識があるわけもない。そこで臣下の者が、坂本龍馬の写真を見せると「まさしくこの人が夢に出てきた人物である」と言明したという(なお、このとき確認のために使用された写真は、今も京都に現存する)。

     日本の海軍の祖である龍馬が、日本の国難を見かねて出現したのであろうか。そして、龍馬の予言通り、日本艦隊は奇跡的な勝利を収める。海援隊が幕府軍と闘ったときのように、龍馬の魂が日本海軍に力を与えたのかもしれない。

     また、この横須賀の地は龍馬の妻・おりょうの終焉の地でもある。再婚したもののいつまでも龍馬のことを思い、横須賀では酒に溺れた晩年のおりょうは、さみしくこの土地で死んだ。暗殺により引き裂かれてしまったふたりだが、図らずも、龍馬を奉った戦艦・三笠は、日露戦争で旗艦という大役を果たした後に横須賀に戻った。死後、2人は横須賀の地で再会したのだ。なんとも不思議でロマンチックな話である。龍馬ファンにはぜひ横須賀を訪れてもらいたい。

     現在、公園にある戦艦の大砲は、今でもロシアの方角を向いている。今でも、三笠や龍馬の御霊は、諸外国から日本を守っているのであろうか。

     そんな戦艦の眠る地、三笠公園には強大なパワーがみなぎっている。そのパワーを授かりに一度、戦艦三笠を訪れてみてはどうだろうか。日本の領海を侵食する外国を圧倒するのは、三笠の主砲を使った呪いかもしれない。

     これは余談だが、龍馬が夢枕に立った話は戦意高揚を図るために山県有朋が作ったという説と、薩摩・長州の派閥に比べ、出世レースで負けていた土佐派閥による「プロパガンダ(宣伝)」であるという説もある。

    (山口敏太郎)
    画像はイメージです


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【神奈川】界が張られている?三笠公園 戦艦・三笠が展示されている横須賀の公園】の続きを読む


    よこすか海軍カレーが一躍有名になり、カレーの街として知られるようになった横須賀。そんな横須賀の玄関口、横須賀中央駅のすぐ側で、47年間続くカレー専門店が「カリーすなっく ベンガル」だ。その自慢のカレーは、海軍カレーとは一線を画する、ほっこりなつかしい家庭の味がベース。横須賀でカレーと言えばココと言う人も多く、ジモトの人たちの胃袋を支えてきた、横須賀の定番メシだ。店名の「すなっく」は軽食の意味で、「歓楽街にある店」では決してない。「女性一人でも訪れられるように」という想いが込められているのだ。

    【写真を見る】ビーフ・シーフード・カリー(1,000円)

    ■ 変わらず味で、47年間愛され続ける横須賀の定番カレー

    毎日心をこめて作られる手作りカレーが、すべてのメニューのベースに。真似ができない、どこかなつかしさを感じさせる家庭的なカレーは、マイルドな辛さで食が進むウマさ。「ジャーマン・エッグ・チキン・カリー」は、トースターでパリッと焼かれたソーセージと、目玉焼きがトッピングされた人気のひと皿。平日ランチタイムはライス大盛りが無料になる。

    ■ 20種類以上のバリエーション豊富なカレーが楽しめる専門店

    20種類以上の、バリエーション豊富なカレーが選べるのも店の特徴の1つ。トッピングはチーズやハンバーグ(各150円)など4種類あり、組み合わせも自由だ。魚介と牛肉の旨味がミックスした「ビーフ・シーフード・カリー」は、コクが合ってマイルドな辛さ。魚介の甘味も楽しめるのが魅力だ。

    ■ カウンター席18席のみの、クラシックなカレースタンド

    創業時から変わらないため、創業時の雰囲気がそのまま残るクラシカルな店内。オール女性スタッフがテキパキ&アットホームに迎えてくれる。カウンターの上には、定番の福神漬やカレーには珍しい紅ショウガなどを常備。さらに1つひとつ丁寧に手作業でスライスされた、らっきょうも。さりげない女性への配慮もカンペキだ!

    駅そばの専門店は、オリジナルキャラ「ベンガルくん」が目印! 土地柄、日本人だけでなく外国人も愛する横須賀の味として定着している。よこすか海軍カレー、ヨコスカネイビーバーガー、ヨコスカチェリーチーズケーキ、そして「ベンガル」をお忘れなく!(横浜ウォーカー・取材・文=北村康行、撮影=吉澤広哉)

    ジャーマン・エッグ・チキン・カリー(800円)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【横須賀中央で47年愛される、家庭的だけど真似できないなつかしカレー】の続きを読む


     TUBEが25日、毎年恒例、通算30回目となる横浜スタジアム公演『TUBE LIVE AROUND SPECIAL 2018 夏が来た!~YOKOHAMA STADIUM 30 Times~』を開催し、満員御礼の3万人を熱狂させた。

    【ライブ写真】サプライズゲストとして登場した加山雄三

     “夏バンド”TUBEが夏の野外ライブを始めたのは、デビュー翌年の1986年。以降、31年間連続で開催し、合計128回で約280万人を動員してきた。中でも、神奈川県出身のTUBEにとって横浜スタジアムはアマチュア時代から憧れのステージ。昭和最後の夏、1988年8月17日から足掛け31年、平成最後の夏に通算30回目の公演を達成した。

     真夏の太陽が照りつけるなか、メンバーは“TUBEコール”で迎えられ、ボーカルの前田亘輝はアイスキャンディー売りの姿で登場。冒頭から笑いを誘いつつ、代表曲「夏だね」からスタートした。

     MCでは「今年は30回目のスタジアムになるそうで、いろんな人からそれを聞くたびに我々メンバーはプレッシャーに駆られています。今までで一番緊張していた」と本音ものぞかせつつ、「Beach Time」「シーズン・イン・ザ・サン」などを披露。夕暮れ時にはメンバー4人だけのアコースティック編成での演奏でも魅了した。

     後半戦にさしかかる頃、TUBEが尊敬してやまない大先輩・加山雄三がステージ中央から「海 その愛」を歌いながら登場するサプライズも。大歓声が上がると、加山は「30回目だって? 思わず駆けつけて来ちゃった」と祝福し、今度はTUBEとともに「湘南My Love」と「夜空の星」を一緒に演奏し、割れんばかりの拍手に包まれた。

     アンコールでは「LOVE BEACH」でジェット風船が舞い上がり、「You’ll be the champion」では炎を吹くゴンドラに打ち上げ花火のド派手な演出も加わってファンは大興奮。前田は「この横浜スタジアムはいつもみんなが『最高』って言ってくれる気持ちがうれしくて、ここまで続けてこられました」と感謝し、夏ソングの定番「あー夏休み」、ライブ定番曲「Hot Night」で幕を下ろした。

     なお、横浜スタジアム周辺の関内では、街をあげて30回目のハマスタライブを祝福。最寄駅みなとみらい線「日本大通り駅」では、この日限定で駅構内のBGMにTUBEの楽曲を使用したほか、過去29回のハマスタ公演の歴史を振り返るパネル展を実施。TUBEうちわを配布するなど、盛り上がりを見せた。
    通算30回目の横浜スタジアム公演を開催したTUBE


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【TUBE、30回目ハマスタ公演「一番緊張」 昭和最後の夏から平成最後の夏まで】の続きを読む


    安藤裕子が11月よりアコースティックツアーを開催する。

    【大きな画像をもっと見る】

    彼女がアコースティックツアーを行うのはおよそ2年ぶり。現時点で11月17日の長崎・旧香港上海銀行長崎支店記念館、18日の福岡・Gate's7の2公演がアナウンスされており、日程は今後も追加される。このうち初日の舞台となる長崎は、安藤がアコースティックライブを行うきっかけとなった場所。ゆかりのある場所で彼女がどのようなライブを見せてくれるのか、ファンは楽しみにしておこう。彼女のファンクラブ・UCAD LiVE KIDSでは9月3日23:59までチケットの先行予約を受付中。

    なお安藤は8月25、26日にライブツアー「ITALAN CHIBIBAND TOUR 2018」の神奈川・MOTION BLUE YOKOHAMA公演を開催した。この2日間から始まった本ツアーで安藤は、Shigekuni、市川和則(羊毛とおはな)、山本隆二と共にバンド編成で最新アルバム「ITALAN」の楽曲を中心に披露している。ツアーは残すところ8月29日の愛知・名古屋ブルーノート、31日の大阪・Billboard Live OSAKAの2会場となる。

    安藤裕子「ITALAN CHIBIBAND TOUR 2018」(終了分は割愛)

    2018年8月29日(水)愛知県 名古屋ブルーノート
    [1st]OPEN 17:30 / START 18:30
    [2nd]OPEN 20:30 / START 21:15

    2018年8月31日(金)大阪府 Billboard Live OSAKA
    [1st]OPEN 17:30 / START 18:30
    [2nd]OPEN 20:30 / START 21:30

    安藤裕子「2018 ACOUSTIC LIVE」

    2018年11月17日(土)長崎県 旧香港上海銀行長崎支店記念館
    OPEN 18:00 / START 18:30

    2018年11月18日(日)福岡県 Gate's7
    OPEN 15:30 / START 16:00

    安藤裕子「ITALAN CHIBIBAND TOUR 2018」神奈川・MOTION BLUE YOKOHAMA公演の様子。(Photo by Aki Ishii)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【安藤裕子、2年ぶりアコースティックツアーは長崎から】の続きを読む

    このページのトップヘ